羽子板,日本の美しい伝統
HOME羽子板破魔弓ひな人形五月人形鯉のぼり盆提灯心温まる贈り物婚礼・結納品会社案内お問い合せ
【睦月メニュー】 女の子には羽子板木目込羽子板押絵羽子板日本の色シリーズかのこ紅    男の子には破魔弓

彩/梅幸オリジナル
羽子板を桃の節句ににもかざりましょう!
●飾り初めは、しめ飾りなど、ほかの正月飾りと同様に行えばよいでしょう。だいたい十二月二十日頃から飾りはじめ、遅くとも三十日までにすませます。贈り物としては、早めに贈るようにしましょう。
 なお、二十九日など九のつく日は苦に通じることから避けた方がよいでしょう。また、三十一日も祝い物の一夜飾りといって避けることにまっています。
 羽子板はお正月だけでなく、桃の節句に、破魔弓は端午の節句に一緒に飾りましょう。


かのこ紅/梅幸オリジナル
■かのこ紅
●鹿の子絞りの鮮やかに染め上げられた紅と純白が交互におりなす色調は、美しく柔らかで、まさに日本人の優しさそのものと言えましょう。正絹生地を絞り上げた柔らかで温かみのある風合いと相まって清楚で気品のある衣装に仕上がっています。
 
ひとつひとつに丹精込めた手作りの味があたたかい。
長い歴史のなかで、その形を変えず今日まで受け継がれてきたのは、妥協を許さぬ厳しい職人気質によるものです。そして、ひとつひとつに伝わるそのぬくもりが一般大衆のこころの中にまで響いてきたのです。
手作りの良さ、伝統工芸羽子板を手にとって古いむかしを、日本のこころをふりかえってみてはいかがですか。
羽子板押絵の組立 面相は一筆一筆 手で描かれます
羽子板押絵の組立 面相は一筆一筆
手で描かれます
彩/梅幸オリジナル:日本のいろシリーズ
さくら色のおひなさま「彩」 さくら(さくら) 紫光(しこう)
●さくら色の羽子板と、ひな人形。
一緒に飾るのもオシャレです!!
●花の代名詞は「桜」。春を誘う薄紅色は人の心をあたたかくします。(カット硝子) ●高貴な色「紫」を上品に、そしてあでやかに採り入れました。(カット硝子)
さくら色のおひなさま「彩」/さくら色の羽子板と、ひな人形。 さくら(さくら)/花の代名詞は「桜」。春を誘う薄紅色は人の心をあたたかくします。 紫光(しこう)/高貴な色「紫」を上品に、そしてあでやかに採り入れました。
さくら色のおひなさま「彩」
友禅三段飾(90×73×88cm)No.3-306
さくら〈手絞鹿子振袖羽子板〉
写真は10号(28×24×47cm)♯0540
しこう〈手絞鹿子振袖羽子板〉
写真は10号(28×24×47cm)♯0550



かのこ紅/梅幸オリジナル:日本のいろシリーズ
鹿子のおひなさま  
■鹿の子絞りの羽子板と鹿の子絞りの雛人形をお対で飾ってみませんか。
風情溢れる手絞り鹿子を、 羽子板ばかりでなく雛人形にも着るせ付けました。

風情溢れる手絞り鹿子を、
羽子板ばかりでなく雛人形にも着るせ付けました。
鹿子のおひなさま/鹿の子絞りの羽子板と鹿の子絞りの雛人形をお対で飾ってみませんか。
鹿子のおひなさま 手絞鹿子三段飾
(105×100×114cm)No.3-3511

 


Top


ひな人形のご予約も承っております。
カタログご希望の方はこちらからご連絡下さい。


HOME羽子板破魔弓ひな人形五月人形鯉のぼり盆提灯心温まる贈り物婚礼・結納品会社案内お問い合せ
【睦月メニュー】 女の子には羽子板木目込羽子板押絵羽子板日本の色シリーズかのこ紅    男の子には破魔弓

  【幸月】
幸せをおり鶴にのせて
お届けします。 株式会社幸月
〒310-0053
茨城県水戸市末広町3-2-7
TEL.029-221-3078
FAX.029-232-0544
※このホームページに掲載されている写真を、無断で転載、転用、複製、販売、貸与などの利用をすることは禁止しています。
Copyright. © 2004 【梅幸作・人形の幸月】 All Rights Reserved. Creatived by Webhouse & iTnext 株式会社幸月/幸せをおり鶴にのせてお届けします。