古来、神社での年占(としうら)の神具として生まれ、室町時代には公家の縁起遊びとして広まり、小正月の行事を描いた左義長羽子板が作られました。江戸時代文化文政年間には役者の舞台姿を押絵で仕上げた飾り羽子板が登場、広く町家でも人気が上がりました。その後、幕末頃には女児の初正月を祝う邪気払いの飾りとして贈る風習が広まりました。
 羽根突きの羽根の玉には「ムクロジ」の木の黒くて硬い種子が用いられます。ムクロジは「無患子」と書くことから、子どもが煩わないと読み替え、縁起を担いだようです。


  源氏物語の中などでもしばしば登場する弓弦の音は、邪気を祓うとされてきました。今でも宮中では、皇子ご誕生の折に御所の四方に弦音を響かせ邪気を祓う「鳴弦の儀」が、千年の時を超え催されています。
 邪気払いの弓矢から生まれた破魔弓は、家の中の邪気を払い、歳神様をお迎えするために飾られます。また、弓矢を中心に、守り太刀・出世兜・打出の小槌等の魔除けや目出度い縁起物を添えて飾ることも多くなりました。
 季節の移りのたびごとに自然に目を向け、天地の神々に無事を祈る姿は、日本人ならではの心ゆかしい習慣といえるものではないでしょうか。


   

8.うたげ13号(30×27×54cm)
 かわいらしい羽子板をより愛らしく…赤色を基調に少女らしくまとめました。(カット硝子)
 お祝い価格/38,000円

   

7.千寿15号(28×19×61cm)
 マホガニーカラーのケースと木目込羽子板の取合わせ。
 お祝い価格/16,800円

   

6.陽菜10号(25×20×45cm)
 大振袖を刺繍で彩った新舞姿羽子板。吊るし飾りを添えて飾ります。(カット硝子)
 お祝い価格/38,000円

   

8.うたげ13号(30×27×54cm)
 かわいらしい羽子板をより愛らしく…赤色を基調に少女らしくまとめました。(カット硝子)
 お祝い価格/38,000円

   

7.千寿15号(28×19×61cm)
 マホガニーカラーのケースと木目込羽子板の取合わせ。
 お祝い価格/16,800円

   

6.陽菜10号(25×20×45cm)
 大振袖を刺繍で彩った新舞姿羽子板。吊るし飾りを添えて飾ります。(カット硝子)
 お祝い価格/38,000円